*さきがおか動物病院 Blog*

アクセスカウンタ

zoom RSS お薬を上手にあげるには・・・?(前編)

<<   作成日時 : 2018/07/21 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは
看護師の桂島です

先日、飼い主様から
『お薬のあげ方がいまいち分かりません...』
とご相談を受けました

お薬が上手にあげられない・どのような飲ませ方があるか
分からないという飼い主様も多くいらっしゃると思います

今回はわが家のつぶらさん協力の元
飲ませ方の種類・ポイントをご紹介します

画像

つぶら『今日は僕が頑張ります

つぶらさんには後編で活躍してもらいます


お薬をフードに混ぜて与える

*メリット*

錠剤・粉剤・液剤全てのお薬に行えます

気をつけること

食事の味が変わることで食欲が
低下してしまう子もいるのでおうちの子の
様子をよく確認してあげて下さい。

☆用意するもの

◎お薬
◎フード

〈与え方〉
薬が見えないようにフードに隠し、与えます。

ポイント
お薬の部分だけ残してしまう可能性があるので
初めはフードの量を少なめにして食べるか様子を見てみましょう


フードはドライフードよりウェットフード(缶詰)の方が
よりお薬を隠しやすいです

粉薬の場合は、ドライフードに隠すと
器の底にお薬が残りやすいので注意してくださいね

お薬をおやつに包んで与える

*メリット

おやつが大好きな子は喜んで食べてくれます
投薬用のおやつなども出ており、
様々な種類のものが販売されています

気をつけること

アレルギーがある子は注意しておやつを選択して下さい

アレルギーがある子でも食べられる
投薬用のおやつも当院で販売しております
スタッフまでお問い合わせください


☆用意するもの

◎錠剤
◎柔らかいおやつ

〈与え方〉
外から薬が見えないように包んで与えます。
おやつの中に毎回お薬が入っていると分かると
食べなくなる可能性があるので注意しましょう。

ポイント

おやつだけのものと、お薬が入っているものを
ランダムに与えてみると良いです

粉にしても大丈夫な錠剤であれば
すり潰して練り込んで与えるのも方法の1つです

すり潰しの可能な錠剤かは
獣医師、又は看護師に確認をして下さい



後編に続く...
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お薬を上手にあげるには・・・?(前編) *さきがおか動物病院 Blog*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる