*さきがおか動物病院 Blog*

アクセスカウンタ

zoom RSS 口腔内ケアについて☆

<<   作成日時 : 2018/09/08 10:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは
看護師の岡本です

以前、歯磨き方法などご紹介することもありましたが、お手入れの中でもつい敬遠してしまうのが歯磨きではないでしょうか?
やはりお口周りを嫌がるわんちゃん・ねこちゃんは多く、してあげたくても出来ないという飼い主さんも多くいらしゃると思います


犬や猫が虫歯になった!と聞くことはほとんどありませんよね?
それは口腔内のPHの違いによるもので、人は酸性よりですが、犬猫の口腔内は弱アルカリ性になっています。
虫歯は酸性の環境下で育ちやすくなるため、犬・猫が虫歯になることはほとんどありません。
ですが、アルカリに傾くことで歯垢が歯石に変わるスピードが3〜5日と
とても早くなり虫歯にはなりにくいもの、歯石ができやすい環境にあります

画像


歯に黄色や黒っぽい汚れはついていませんか
それらが時間が経過し写真のように歯垢や歯石となっていきます


一度ついた歯石は簡単に落とすことはできません。
この歯石が多くの飼主さんも気にしている口臭を始め、歯周病や歯槽膿漏の原因となっています。
また酷くなると、口の中の症状に留まらず、歯周ポケットに深く入り込んだ細菌が血管を伝って全身に広がり、臓器にダメージを与えるなど、悪化すると全身に被害を脅かす恐い病気なんです

対策としては日頃の口腔内ケアがとても重要となってきます


お家の子に合ったケアが重要となり、その子によってもゴールは異なりますが、まずはお口に触ることから慣らし、徐々にケア商品を使いステップアップしていき最終的には歯ブラシを使って毎日の歯磨きが習慣になるよう頑張れるといいですね



先日、院内でも口腔ケア商品のセミナーを開いて頂きました!
新しく、ジェルタイプの歯磨き粉やシートタイプの物などもご紹介できます。
また、お口を触るのが難しい子にご紹介できる商品もございます。
セミナー後なので、スタッフ誰に質問しても気合いの入ったお答えが出来ると思います。(笑)
画像


気になる方は一度、獣医師の診察を受けていただいてから、その子に合った口腔内ケアをご一緒に考えていければと思います。

ぜひ、お気軽にご相談ください

口腔内環境は飼い主様がケアしていただくことで保つことができます。
お家の子がいつまでも綺麗な歯で、美味しくご飯が食べれるよう
一緒に頑張って行きましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
口腔内ケアについて☆ *さきがおか動物病院 Blog*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる