*さきがおか動物病院 Blog*

アクセスカウンタ

zoom RSS シャンプー療法

<<   作成日時 : 2018/09/29 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは
今日はシャンプーについてお話しします。


ご自宅でシャンプーするにあたって必要なことは、
なるべく負担がかからないようにしてあげることです。

<準備するもの>
・ブラシ
・滑り防止マット(動物が滑らないようにしいて下さい。)
・桶
・泡立てネット
・タオル
・シャンプー
・ドライヤー


@ブラッシング
毛玉が残っている状態でシャンプーをしてしまうと更に毛玉が硬くなってしまうので、日々のブラッシングとシャンプー前のブラッシングはとても大事です。


A体全体をぬるま湯で濡らす。
お湯の温度は35℃が目安です。
シャワーヘッドを体に密着させることがポイントです。
お尻、足先などなるべく顔から離れた所から!

水を嫌がる子はベビーバスにお湯を張って体を付けるのも1つの方法です。


Bシャンプー
シャンプー剤は泡立てネットを使ってよく泡立ててから使います。
桶にお湯を入れて泡立てる方法もあります。
(泡立ちにくいシャンプー剤もあります。)
 
泡を体に乗せ皮膚をマッサージするようにシャンプーしてあげます。
皮膚の悪い所、肉球の間、しっぽの先、耳の外側を特に念入りに洗ってあげましょう。


Cすすぎ
すすぐときは顔から流します。
目にシャンプー剤が入らないように注意しましょう。

顔に水が掛かるのを嫌がる子は、お湯を含ませたスポンジで流してあげましょう。


D乾かす
まずタオルを使ってよく水分を取ってあげます。(こすらないように注意!)
仕上げにドライヤーとブラシを使って乾かします。
ドライヤーと動物の体は30センチ程離します。

ドライヤーの音が苦手な子は耳にタオルなどを巻いて塞いであげたり、なるべく顔に正面から風が当たらないように後ろからドライヤーを当ててあげましょう。


お家でのシャンプーはなかなか大変かもしれませんが、まずは水に慣らすことから徐々に挑戦してみてください。


看護師:村田

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャンプー療法 *さきがおか動物病院 Blog*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる