歯磨きは大切です!!

こんにちは。
看護師の谷口です

先日、院長のワンちゃんを歯磨きさせていただきました。
クロタ君はとても上手に歯磨きさせてくれます

画像

※高い台の上でやると大人しくなる子が多いです。台から落ちないように注意しましょう。


しかし飼い主様の中には、「うちの子はこんなに上手に歯磨きさせてくれない❗️」
と思われる方が多いのではないでしょうか
歯ブラシをすることは日頃のスキンシップの中で、
口元や歯を触らせてくれる練習をしていないとなかなか難しいものです。
口元を触ることに慣れる→歯ブラシに慣れる→磨くことに慣れる
と時間をかけて少しずつステップを踏んでいくのですが、
それもなかなか根気のいることですよね
飼い主様の中には歯磨きガムをあげているという方もいらっしゃいますが、
隙間などの細かい汚れは歯ブラシでないとうまく取れません。
さらには歯磨きガムはワンちゃん自身で好きに噛ませていても、
同じ歯でずっと噛んでいたりして全ての歯に効果があると言い切れません。
基本的には飼い主様が手でガムを持ちながら全ての歯で満遍なく噛ませるようにします。
そしてあくまでも歯磨きの補助的な役割のものとなります。


ワンちゃんはおよそ3日、ネコちゃんはおよそ1週間で歯石がつくと言われています。
歯石がつくと悪臭や歯槽膿漏、食欲不振など全身疾患にもつながります。
成犬、成猫になるとなかなか難しいとは思いますが、
口元を触らせてくれるようにするところから、歯磨きの練習を始めてみてはいかがでしょうか
麻酔をかけて歯石除去することも可能ですが、
歳をとるにつれ麻酔をかけることもなかなか難しくなってきます。
これ以上の悪化を防ぐためにも、なるべく早めに歯磨きを始めましょう
歯磨きの仕方や、ステップの踏み方など分からないことがあればスタッフにぜひご相談ください

画像

※犬歯や奥の大きい歯は特に汚れやすいです。よく磨きましょう。
※歯ブラシに慣れるまでは濡らしたガーゼやティッシュなどを指に巻いて
磨くことも効果的ですが、くれぐれも食べられないようにご注意ください。

病院ではワンちゃんネコちゃん用の歯磨きジェルや、
飲み水に混ぜて使用する液体デンタルケアなどの商品も販売しております。
詳しくはスタッフにお気軽にお問い合わせください。

画像

歯磨き後はたくさん褒めてあげましょう

この記事へのコメント